一目均衡表は、押し目買いや戻り売りに威力を発揮する

By: edkohler

FX 100円の取引では、為替相場を適切に予測することが大切となります。為替相場の予測には、テクニカル分析と呼ばれる手法が利用されます。

テクニカル分析は、ローソク足の上に数学的な裏付けに基づいたグラフや図表を表示させることで、将来の為替相場の動向を予測しやすくするものですテクニカル分析は、過去のデータを数学的に解析した結果に基づくものであるため、より客観的に相場の予測を可能にします。

このテクニカル分析で代表的なものに、一目均衡表と呼ばれる分析手法が存在します。一目均衡表は、日本の株式評論家、細田悟一が人生をかけて考案した分析方法です。戦前の株式市場の分析から導き出された法則を、数式に落とし込んだ分析手法で、為替相場においても強力な威力を発揮するため、現在ではすべてのトレードソフトで描出可能なテクニカル手法となっています。

一目均衡表の特徴は、相場の波をグラフで描写できるという点にあります。為替や株のような金融相場には波があります。相場に急変が発生し突然の暴騰や暴落が発生した後には、必ず元の水準に戻ろうとする力が働きます。一目均衡表は、そのような相場の波について、一目で把握できるようになっているのです。

一目均衡表には、遅行線や雲といった領域がプロットされます。これはチャート上のレートを左や右に、つまり過去や未来の時点にずらすことで遅行線や雲と呼ばれる領域を描出し、その遅行線や雲に対して現在のローソク足がどこに位置しているかで、相場の状況を把握しようとするものです。

例えばローソク足が雲を上抜けし、かつ遅行線もローソク足を上抜けするという場合には、相場が本格的な上昇局面に入ったと判断します。また、遅行線がローソク足を突き抜けるときはトレンドが転換するシグナルとなっており、相場の波を把握できるようになっているのです。

このように一目均衡表は、為替相場の波を直感的に把握するのに最適なテクニカル手法です。戻り売りや押し目買いのような、相場が反発するところを狙ってトレードする場合、この一目均衡表は特に威力を発揮します。なお一目均衡表は他のテクニカルと同様に、時間軸が長めの方が、より正確性が高くなります。

昨年の8月も入れると人民元ショックは4回目のはず

By: Jimmie

東京時間午前は、売られ過ぎの反動からクロス円が戻りを試す場面がありましたが、10時16分になると人民元の基準値が引き下げられたことによるパニックで、クロス円は急落して安値更新の動きになりました。

それが起こる前、ニュースをチェックしたり、どこで売ろうか考えていました。しかし、チャートを見ると、大陰線で吹き飛ばされていて、わけがわかりません。10時45分に控える中国の指標を待たずして安値探り。原因は人民元。呆然と激しいチャートの動きを見て何もできずに終わってしまいました。

私は、本当についていません。一番出会いたいのがレンジブレイクして穏やかに値が進んでいく上昇トレンド。連続陽線で進行する円売りなのに。実際見たのは一気に2PIPSぐらいの値が飛ぶ勢いの激しい下げ。しかも忙しく上下している波乱の相場のチャートを見てしまったぁ。昨年も始まったばかりの今年も怖い相場をたくさん見せられて、緊張感から気を引き締めようと思うのはいいのですが、それを通り越していい相場でも警戒感からポジションを取れなくなってしまいそうです。

中国の懸念、ギリシャ問題で相当なダメージを受けたので慎重すぎて身動きが取れなくなっている。安定した相場で勝負して上手く行く経験を重ねれば、傷は薄れていくと思うんだけど、ニュースや記事で知るのは2016年も楽観視できないという内容。誰も、安心してください、いい相場になりますよ!という内容を書いてはくれない。懸念問題が続出して大変になりそうの声が多数。

今日もお昼に見ていた情報番組のニュースで、さる年の今年はどんな相場になりそうか?やっていて、騒がしい相場になりそうだと言っていましたが、もうすでにそうなっています。残念ながら今年がスタートしてからまだ1回もいい相場を見させてもらっていません。今日の午前はリスク回避がほとんどで、午後になると戻りがありました。

デモトレードで練習しようと豪ドル円を売りました。85円に損切りを置いて84.70で入ると、利が乗りました。せっかくなので、ダメ元で伸ばしてみることにしました。すると、84.33まで下がっています。これが本番だったらいいのに。

突然落ちる雷のような相場。原因は昨年8月のあれだった

By: Crysis Rubel

東京時間の相場は突然の変動で心が萎えてしまいました。前日マイナスで寄りついてマイナスで引けた日経平均が今日はプラスで寄り付きました。売られ過ぎの反動からクロス円は戻りを試していました。

ニュースで戻り歩調と書いてあって、実際に戻ってきていたので、どの位置から売りを仕掛けようかな?とか、このまま上に行く気配を見せたら短期でロングするのも悪くないかも。なんて考えていたところに突如現れた大陰線。せっかく戻ったのに豪ドル円がもう安値更新の動きをしています。

高値から急に70PIPS落とされて、これは日経平均がプラスで寄り付いた後に下げ幅を拡大したんだろうと思いました。本日の10時45分には中国の指標が控えていたので、その前に仕掛け的な売りが入ったのかなぁ。なんて考えたりしました。なぜ下げたのかしばらく原因はわからず、突然の変動を見たことで、もしも戻りを期待してロングしていた時のことを考えたら、泣きそうな気持になりました。

理由がすぐにわかれば納得してすぐに対処できるけど、わからないことにはポジションを傾けることなんてできません。それが私の考えです。でも、トレーダーの中にはろうそく足の大きさをヒントに素直に考えてポジションを取る人もいるみたいです。難しく相場を考えると頭が疲れるし、せっかくの波に乗れなくてチャンスを逃すことになってしまいます。

それで、チャートが完成してからあの時こうしていればなんて考えたって後の祭りなのです。私はこんな感じの後悔をすることがほとんどなので、シンプルに相場を見れる才能がある人はうらやましいと思うのです。そしてそれは、初心者の強みでもあると思います。私が初心者の頃は相場で怖い経験をしたことがないので、値動きに素直すぎて勢いにすぐについて行っていました。

何度も成功したけど、あるとき振り落とされました。そのときの怖さがトラウマになって今では警戒しながら相場を見るようになってしまいました。爆上げしたら、下げが怖い。爆下げしたら、リバウンドが怖い。余計なことを考えて今日みたいになってしまいます。結局今日の下げの原因は、人民元切り下げ。また昨年の夏の相場がスタートするのかと思うと、控えるべきと思ってしまいます。

2015年8月と2016年1月は人民元でリスク回避

By: Jack Parkinson

1月7日、日経平均は2桁のマイナスで寄り付きました。でも、新年になってからほとんどが下げて始まり、途中から下げ幅を広げる展開になっています。地合いは全く安定していないので、トレードは出来ません。そして、昨日から東京時間の動きで警戒していることがあります。

10時を過ぎると、人民元のことで荒れるので、11時ごろまで様子見です。きのうが2016年になってから第1回目の引き下げでした。人民元が切り下げられるのは、昨年の8月は3回もありました。連続3日で切り下げられたのです。クロス円はリスク回避になり、切り下げが終わった後も世界景気の不透明感から世界同時株安となりました。

2ヶ月ほどで落ち着きましたが、今度は下落が落ち着いていた原油価格が再び下げ始めたことで、相場は再び荒れました。12月に米国が利上げをしてテーマは米国の利上げのペース、原油価格の動向に移っていくと思っていましたが、ここにきて、人民元の問題が再発です。引き下げられた昨日は、米国のイベントが消す可能性もあるかもと思ったけど、本日も引き下げられ、2日連続となりました。

2日連続で引き下げられては大問題です。中国、どれだけ景気が悪いの?と思ってしまいます。今週の土曜日に中国の指標があるけど、怖くて仕方がなくなってきた。そういえばきのうのニューヨーク時間に、昨年人民元が切り下げられた第1回目から、豪ドル円が記録した最安値を計算して、今後の下げを予測しようとしました。昨年は92円から始まって82円まで下げたので、10円動いたということです。

もしも同じになれば、下落が始まったのは今年は86円辺りからなので、76円までは行くかもしれないなんて考えました。11時過ぎの豪ドル円は、83.10。82円後半まで下がったけど結局戻しています。今日こそ、陽線で引けるのかと思いたいところですが、絶対に考えられません。きっとまた安値に向かっていく動きだ。更新できないと分かれば反発すると思いますが、一時的なものでまた再チャレンジになりそう。

人民元の基準値引き下げで豪ドル円が売られっぱなし

By: David Amsler

東京時間の相場は新年から安定しません。昨日は日経平均株価が反発したことで円売りになる場面がありましたが、終盤が近づくと下値を探り、100円超えの下げで引けました。それから欧州時間になるとリスク回避の動きが強まり、ニューヨーク時間と続きました。

しかし、行き過ぎたため、アジア時間早朝にクロス円は戻りを試しました。本日の日経平均は2桁のプラスで寄り付き、いい感じにスタートしました。よかった♪と思いましたが、数日間のさえない相場を見ているので、それがずっと続くようには思えませんでした。戻してきても売りが強いのに変わりはありません。

どこで売ろうか考えたり、ニュースのチェックを行っていました。豪ドル円が85.40まで高値更新になったのを確認したとき、キリのいい85.50を考えました。あと10PIPSだと思いました。相場は荒れているので、価格指定の注文を入れておくより、自分の目で見届けたいと思ったので、指定はしませんでした。

ニュースを見ながらチャートを見たり、せわしなくやっていると、チャートに目をやったとき、大陰線が目に止まりました。一瞬首をかしげました。レートを確認すると、もうすでに高値圏にはいません。それどころか安値更新中でありました。動きの種類としては急落してからの細かく上下する動き。もう、嫌や!って思いました。

せっかくいいところまで戻ってきていたのに、力が抜けてしまいました。理由は、日経平均の影響ではなく、中国の人民元の基準値が切り下げられたのです。昨年の8月にも同じことを経験したことがあります。かなり行き過ぎていたので売らなかったら、時間をかけて下げていく動きになりました。

下げは翌日も続きました。チャートの雰囲気も急角度で似た雰囲気がしていたのに、売れなかった。でも、売っていれば下がって安値更新の動きになっています。動き方が人民元切り下げ1日目と似ている。これからどうなるかの展開は大体想像できます。過去の出来事をヒントに、これはまた世界同時株安が強まる可能性がありそう。

昨年の豪ドル円の場合、92円辺りから人民元切り下げによる下落が始まり、82円前半まで行っています。約10円動いたことを考えると、今回もそれぐらい行くのかなぁ。80円を割って75円辺りまで行ってしまえば、もうわからない。

インターネット環境が家になくてもスマホでできるFXトレード

By: Graeme Paterson

株なら株価上昇や株価下落といった指数をあらわす言葉がありますが、FXの場合為替レートによってその価値が変わってきます。株価のようにFX専用というものではなくて、為替レートはよく耳なじんだ言葉なのではないでしょうか。

為替レートは暮らしの中でどんなときによく使われているかというと、例えば海外旅行なんかにあくひとは今は円高だからとか円安だからとかいう言葉をよく使用して海外でかう品物を決められたりしているのではないかと思います。

このようにFXで基準となるのは為替レートなので、FXをしようと考えるのならこの為替レートを注目してみていきたいところです。ところで、多くの人はどういうふうひ為替レートをチェックしているのでしょうか。一昔前ならテレビや新聞といったふうの人がいるかもしれませんが、最近では為替レートをチェックするのはインターネットという人がほとんどでしょう。

なぜかといとうインターネットならリアルタイムで刻一刻とかわる為替レートをきちんと確認できるため、時間とともに変わってきますそれを正しく知ることができるというところがメリットです。またアメリカドル以外のあまりメジャーでない為替通貨だって、インターネットなら簡単に情報を知ることができるのではないてでしょうか。

FXトレードはインターネットがなければそのシステム取引のためできませんが、またそれだけでなくて為替通貨と情報を集めるためにインターネットとFXトレードは欠かすことができないコンビネーションとなっています。

そのためインターネットを利用できる環境があればFXトレードができるということで、例えば家に回線がなくてもテザリングなどでもできてしまえるのがFXトレードの手軽さにつながっています。もちろんパケット通信によりメリットデメリットありますが、FXトレードはインターネット環境が整った家にいなくても簡単にスマートフォンだけでできてしまえるのが便利なところでしょう。