昨年の8月も入れると人民元ショックは4回目のはず

By: Jimmie

東京時間午前は、売られ過ぎの反動からクロス円が戻りを試す場面がありましたが、10時16分になると人民元の基準値が引き下げられたことによるパニックで、クロス円は急落して安値更新の動きになりました。

それが起こる前、ニュースをチェックしたり、どこで売ろうか考えていました。しかし、チャートを見ると、大陰線で吹き飛ばされていて、わけがわかりません。10時45分に控える中国の指標を待たずして安値探り。原因は人民元。呆然と激しいチャートの動きを見て何もできずに終わってしまいました。

私は、本当についていません。一番出会いたいのがレンジブレイクして穏やかに値が進んでいく上昇トレンド。連続陽線で進行する円売りなのに。実際見たのは一気に2PIPSぐらいの値が飛ぶ勢いの激しい下げ。しかも忙しく上下している波乱の相場のチャートを見てしまったぁ。昨年も始まったばかりの今年も怖い相場をたくさん見せられて、緊張感から気を引き締めようと思うのはいいのですが、それを通り越していい相場でも警戒感からポジションを取れなくなってしまいそうです。

中国の懸念、ギリシャ問題で相当なダメージを受けたので慎重すぎて身動きが取れなくなっている。安定した相場で勝負して上手く行く経験を重ねれば、傷は薄れていくと思うんだけど、ニュースや記事で知るのは2016年も楽観視できないという内容。誰も、安心してください、いい相場になりますよ!という内容を書いてはくれない。懸念問題が続出して大変になりそうの声が多数。

今日もお昼に見ていた情報番組のニュースで、さる年の今年はどんな相場になりそうか?やっていて、騒がしい相場になりそうだと言っていましたが、もうすでにそうなっています。残念ながら今年がスタートしてからまだ1回もいい相場を見させてもらっていません。今日の午前はリスク回避がほとんどで、午後になると戻りがありました。

デモトレードで練習しようと豪ドル円を売りました。85円に損切りを置いて84.70で入ると、利が乗りました。せっかくなので、ダメ元で伸ばしてみることにしました。すると、84.33まで下がっています。これが本番だったらいいのに。